障害年金法研究会  規約

障害年金法研究会規約

2015年10月28日制定

(目的)

第1条 本会は障害年金を必要とする人に確実に行き届くようにするため、障害年金問題に関わる弁護士、社会保険労務士、研究者、行政職員、医師、ソーシャルワーカー等が、具体的事案を通じて研鑽を重ね、協力しながら解決にあたることを目的とし、その名称を「障害年金法研究会」という。

(事務局)

第2条 本会は、事務局を、東京都港区西新橋1丁目12番8号西新橋中ビル2階 五百蔵洋一法律事務所内(弁護士関哉直人)に置く。

(活動)

第3条 本会は第1条の目的を達するため、次の活動を行う。

①  具体的事案について協働して解決に当たること。

②  勉強会を通じて障害年金問題及びこれに関連する問題について研鑽を重ねること。

③  制度や運用についての問題点を把握し、問題提起や提言を行うこと。

④  その他本会の目的に必要な活動。

(会員)

第4条 本会は第1条の目的に賛同する、弁護士、社会保険労務士、研究者、行政職員、医師、ソーシャルワーカー等を会員とする。

入会は既存会員1名以上の推薦を条件とし、事務局に申し出ることとする。

   退会は自由とし、事務局に申し出ることとする。

(運営方針)

第5条 本会の運営方針は、運営委員により構成される運営会議において決定する。

(代表・顧問)

第6条 本会には運営会議により選出された代表1名、顧問3名を置く。

附 則 本規約は2015年10月28日から実施するものとする。

    なお、本規約は運営会議において、必要に応じて、改廃することができる。

 

                                 以 上