血友病裁判例における日常生活能力-専門家協働の報告-

血友病が20歳時で2級かどうかが争われ、判決は機能障害では2級程度と認定しながら、

通学やキャッチボールをしていたことを挙げて、日常生活能力により2級ではないとしました。

弁護士、社労士、研究者が協働して取り組んだ事例を報告します。

 

日時:平成29年12月22日 ()18~20 時

会場:上智大学四ツ谷キャンパス2号館2階 203教室

講師:関哉 直人 弁護士

   安部 敬太 社労士

参加費:2000円

定員:80名(弁護士等40名・社労士40名)

参加方法:MLでお知らせした調整さんの職種別に参加申込みしてください。

 

1.資料:後日ML掲載しますので、各自プリントアウトして持参してください。

持参されない場合は、別途資料代1,000円負担となります。

(当日資料は先着5部のみの準備となりますので予めご了承ください)

 

2.講義の後、グループディスカッションを予定しております。